マタニティーヨガ大好き!

*

妊娠中の夫婦関係で困ったこと

   

私が妊娠中に夫婦関係で一番困ったことは、夜の生活です。私は女性ですので、妊娠することによって身体の状態、心の状態ともに変化がありました。

とくに、妊娠初期のつわりの時期は気持ち悪く、性欲が全く沸きませんでした。しかしながら、夫は私が妊娠しても、身体に変化があるわけではないので、普通に夜の生活を求められました。しかし私は気持ち悪く、性欲も湧かないのと、お腹の赤ちゃんが心配で、なかなか相手をすることができませんでした。夫も諦めたのか、だんだん誘ってこなくなりました。

安定期に入り、つわりも落ち着いてきた頃、私も少し性欲が沸く日ができました。しかし、夫に求めてみても、疲れていると言われ、今度は断られるようになりました。

その頃、夫は仕事の帰りが遅い日が増えていました。ある日夫の財布を見てみたら、風俗の名刺らしきものが入っていました。
私はショックでした。しかしながら妊娠初期は夫の誘いに答えられなかったので安易に責めることもできませんでした。夫は私の妊娠中、風俗通いを続けているようでした。

また、週末などはなるべく夫と関係を持つように心がけました。しかし、やはり夫もお腹のことを気にして失敗に終わる日が増えました。そしてお腹が膨らむと姿勢も難しく、妊娠前のようには性行為を行えませんでした。

我が家では夫は妊娠中、風俗通いに走りましたが、よそのお話しを聞くと、浮気に走ってしまったという声も聞きます。どちらもよくありませんが、男性と女性の身体の違い上、性への考え方にすれ違いが生じてくるのも事実でした。とくに、私はお腹の赤ちゃんを気遣い、性行為に恐怖心さえありました。そんな私に夫も気を使って、遠慮していた結果、風俗に行ってしまったんだそうです。

また、夫が風俗に行ってしまった理由としては、妊娠したことにより私の気持ちがお腹の赤ちゃんばかりに向いてしまったこともあったようです。妊娠前は夫のことをよく考え、夫第一の生活だったのが赤ちゃん第一の生活になり、それが寂しかったと聞きました。

本来、そこで浮気や風俗に行ったりせず支えてくれるのが理想の姿ですが、なかなか思うようには行きませんでした。妊娠中は夫婦関係が殺伐としていました。

 - 妊娠中の夫婦関係

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

  関連記事

関連記事はありませんでした