マタニティーヨガ大好き!

*

経験したことのない貧血で困りました。

   

妊娠をすると、それまでとは違う体調の変化があり、戸惑うことも多くなります。
私自身もつわりや味覚の変化などにも苦しみました。お腹がすくと、気分が悪くなるタイプのつわりだったため、会社でもこっそり小さいおにぎりを食べたりして、対応していました。

妊娠中の体調の変化は様々ありましたが、一番困ったのは貧血でした。

妊娠する前は、貧血など一度も経験したことはなく、健康体でした。初期に参加した母親教室で、妊娠後期になると貧血と診断される人が多いことを知りました。妊娠すると血液量が増えることで、これまでと同じ鉄分の摂取では足りず、貧血になる妊婦さんが多いそうです。

実際、後期母親教室の最中に貧血で倒れる妊婦さんを目にしたこともあり、怖いなあという認識は持っていました。でも、なんとなく自分は無関係な気がしていたので、実際後期になって貧血と診断されたときはかなり驚きました。立っていて倒れるなどの経験は幸いなかったのですが、疲れやすくもなり、階段などでは少しふらつくこともありました。手すりなどを持たずに階段の上り下りをするのは、かなり怖かったです。初期から貧血に備えて、念のため葉酸と鉄分を含むサプリメントを飲んでいたのですが、それだけでは補えなかったようです。

貧血と診断されてからは、医師に鉄剤を処方されて飲みました。しかし、処方された鉄剤を飲むと、かなりの便秘になるため、その点でも苦労しました。妊娠前は、あまり便秘も経験したことがなかったため、体調の変化に対応しきれませんでした。それでも鉄剤を飲まないわけにはいかなかったので、便秘を解消する方法をいろいろ試しました。

特に効果があったのは繊維質の多いシリアルでした。毎朝シリアルを食べることで、なんとか便秘の対策をとり、鉄剤を飲んでいました。それでもお腹の赤ちゃんの方に、優先的に栄養がいくためか、あまり貧血は改善されなかったのを覚えています。

でも、鉄剤を飲んでいたから、その程度で済んでいたのかもしれません。ちなみに出産時の出血も多かったことで、産後もしばらくひどい貧血状態が続き、鉄剤のお世話になりました。
今まで経験したことのない貧血は、本当に辛かったです。

 - 妊娠中の体調変化

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

  関連記事

関連記事はありませんでした